南箕輪村の人口増の理由について、考察していきます。

第14回のテーマは「雪が少ない」です。



今回のテーマは南箕輪村だけの特徴ではありませんが、南箕輪村がある上伊那のメリットとして捉えてもらえればと思います。

都会に住んでいた時の長野県のイメージとして

冬は超雪が積もっている!!

というのものがありました。

そんなイメージで移住してきて、高いお金を出してスタッドレスタイヤを買ったのですが、

その年に雪が降って積もったのはたったの2回・・・

と、雪=スタッドレスという感覚では肩透かしを食らいました。

でも道路の凍結は凄い!

のでスタッドレスでないと走行はできません。

南箕輪村に移住して、雪に悩まされたことは今まではありません。
2回雪が降った後の雪かきも、朝6時に起きて7時までには終わってしまう量でした。

そこで、長野県の地域ごとの積雪量は一体どうなっているのか?
そんなことを早速調べて見ましたよ。

第七次長野県総合雪対策計画から

豪雪地帯対策特別措置法に基づき、長野県では地域によって
・豪雪地帯(積雪の深さを一冬合計した値の平均5,000㎝以上)
・特別豪雪地帯(上記値の平均15,000㎝以上)
が指定されています。

豪雪地帯マップ
第七次長野県総合雪対策計画(平成30年)より引用

オレンジが特別豪雪地帯に、黄色が豪雪地帯に指定されています。

意外なことに長野県では

指定されている地域より、指定されていない地域の方が大きい

ことが分かります。

真ん中あたりにある

南箕輪村はもちろん指定区域外

となっています。

垂直積雪量から

それでは、豪雪地帯に指定されていない地域は、地域によってどの位雪が降るのかをさらに調べて見ました。
残念ながら気象庁で積雪量のデータが見つからなかったため、
代わりに市町村ごとの垂直積雪量を調べてみました。

垂直積雪量とは

建築基準法に則り、特定行政庁の定める各地の積雪の深さで、構造計算などの際に用いられます。

特定行政庁とは

建築主事を置く地方公共団体、およびその長のこと。

積雪量よりは関連が弱いですが参考にはなるのかなと思います。

市町村ごとの垂直積雪量(少ない順から)

市町村名 垂直積雪量(㎝)
坂城町 36
箕輪町 47
南箕輪村 47
安曇野市 47
立科町 48
中川村 48
千曲市 48
佐久市 49
長和町 49
伊那市 50
東御市 51
駒ケ根市 53
飯島町 53
喬木村 53
飯田市 54
松川町 55
高森町 55
豊丘村 55
木曽町 56
下條村 58
天龍村 58
青木村 59
辰野町 59
阿智村 59
泰阜村 59
佐久穂町 60
宮田村 60
阿南町 60
根羽村 60
売木村 61
大鹿村 62
小諸市 63
生坂村 63
川上村 65
上松町 65
筑北村 65
平谷村 67
小海町 68
南牧村 69
麻績村 69
南木曽町 70
南相木村 71
北相木村 71
軽井沢町 73
諏訪市 73
下諏訪町 73
原村 73
塩尻市 73
岡谷市 74
御代田町 75
山形村 75
朝日村 75
池田町 75
茅野市 76
富士見町 76
大桑村 76
松川村 76
須坂市 78
小川村 82
小布施町 85
木祖村 89
高山村 89
王滝村 91
大町市 110
中野市 123
飯綱町 158
山ノ内町 195
木島平村 204
白馬村 292
小谷村 293
飯山市 293
野沢温泉村 305
信濃町 312
栄村 332
上田市 データなし
松本市 データなし
長野市 データなし

長野県ホームページ「垂直積雪量算出シート(市役所または町村役場のデータ)」より引用

南箕輪村は2位タイの47㎝

という結果でした。

なお、東京の中心部の垂直積雪量は30㎝、八王子などは40㎝で

八王子と南箕輪は7㎝しか変わりません。

これは自分でもびっくりです。

「もうちょっと南箕輪村の方が雪が降るんじゃないだろうか?」

と思いました。

考察7の「コンパクトシティ」でも書きましたが、

「俺は南箕輪村にも他の市にも土地を持っているけど、雪が降ったあとが全然違う。南箕輪は道路に雪が全くないのに、あっちは積もったままなんだよ。南箕輪は仕事が早い早い」

なんてエピソードもありました。

標高の高い山では雪はたくさん降っている

垂直積雪量のデータは市役所または町村役場を基準としたものです。
南箕輪村の飛び地にある山、経ヶ岳はもちろん凄い雪が積もっています。
権兵衛トンネルを超えた木曽地域も山に囲まれており、そこは雪が凄いです。
生活圏でない山には雪がしっかり降りますので、

ウィンタースポーツはもちろん楽しみやすい!

です。これはまた別の話題で取り上げます。

まっくん除雪隊

南箕輪村にはまっくん除雪隊という面白い取組みがあります。
区(町会)が主体となって組織される除雪作業のボランティアで平成28年にはその数120人を数えました。利用者が除雪隊1人の30分の作業に対して100円を支払う除雪ボランティアの仕組みが始まっています。

まとめ

南箕輪村は雪も少ないし、雪が降っても除雪体制が整っているので東京のような混乱もないし、標高が高い所に行けばウィンタースポーツも楽しめるし、いい所だらけ。

・・・でも雪がないと逆に寒いんです。そこだけは避けて通れません。

2018年11月13日 文責 藤城

藤城栄文(Eibumi Fujishiro)

藤城栄文(エイブミ)です。東京で37年間過ごして、2017年2月に南箕輪村に家族5人で移住しました。子どもは全員幼児で子育てにはてんやわんやです。現在は南箕輪村で2040年以降に予想されている人口減を防ぐミッションに携わっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です