南箕輪村の人口増の理由について、考察していきます。

第4回のテーマは「大芝高原」です。



南箕輪村の唯一といっても過言ではない観光スポットである「大芝高原」

2018年7月には

道の駅大芝高原として新たなスタートを切りました。

大芝高原の施設一覧

さて、そんな大芝高原ですが、村は全てのリソースを投下しているといっても言い過ぎではありません。

いやぁ〜本当に…すっごい投下してます。

・カフェ
・レストラン
・宿泊施設
・温泉
・野球場
・総合運動場
・屋内運動場
・多目的運動場
・マレットゴルフ場
・セラピーロード
・大芝湖(池)
・アスレチック
・遊具(幼児用、子ども用)
・キャンプ場
・焼肉ハウス
・コテージ
・足湯
・森の交流施設
・研修センター
・工房
・パン屋
・テニスコート
・足つぼロード
・芝生広場
・プール

などなど。

最近はイルミネーションフェスティバルも開催されていました。

複合に複合を重ねた施設で、東京ディズニーランドとシーを足した十分な広さがありますが、ナビゲーションが足りていないため、

正直最初に訪れた方にはちょっと優しくない観光施設です。

バーティカルリミット
毎年5月にはトレイルランニング大会も開催

俺の大芝高原

「大芝高原の魅力は何ですか?」

南箕輪村の採用面接で最後に問われた質問ですが、私は上手く応えることができませんでした。

高原と言えば
・八ヶ岳
・霧ヶ峰
・那須高原
などの有名スポットにどうしてもなってしまい、安易にそこと比較してしまったことと、

高原=素晴らしい景色が見れる

と言う、私の勝手な認識があったことが原因と考えています。

ですが、村に移住して1年半で気づいたことがあります。

「なんか大芝高原が好きになってきた」

これ、何でかなぁと・・・。

面接でも上手く応えられなかったので心にずっと引っ掛かっていて、ずっとずっと考えていました。

そしてようやく最近一つの結論が導けました。

それは

生活圏と非常に近い割に異常なまでに充実した観光地であること

言い換えれば

俺の、私の大芝高原なんです!

村のどこに住んでいても車であれば5分から10分の距離にあるこの大芝高原は、

村民にとって

自分の庭

みたいな感覚になるんだと思います。

俺の庭
俺の庭ダァーと「大芝高原」で遊ぶ息子

前述の八ヶ岳や霧ヶ峰は、そこに住んでいても自分の庭って感じじゃないと思うんですよね・・・。

合併反対の理由

平成の大合併の時にも、この大芝高原を他にとられたくないと言う想いから反対した方も多くいらっしゃったと聞いています。

大芝高原が地元にあるから・・・

家族のお出掛けは、村だけでなく上伊那や木曽など、色々な公園に遊びに行きます。
・ロング滑り台がある宮田村だったり
・おもしろ自転車がある岡谷市だったり、
・大きなアスレチックがある伊那市だったり
子どもたちはどこに連れていっても大喜びで遊びますが、

頻繁に「大芝高原に行きたい!」ということが多いです。

大芝高原があるからこそ、他の公園に行った時に

「ウチの村にもあったらいいなぁ」的な感情にならない

ことは定住の意味で大きいです。

結論として、

大芝高原は村を愛する象徴であり、そして定住要因の一つ

なのかなと思います。

大芝高原の各施設やイベントについても、紹介していますよ。

    2018年10月29日 文責 藤城

    藤城栄文(Eibumi Fujishiro)

    藤城栄文(エイブミ)です。東京で37年間過ごして、2017年2月に南箕輪村に家族5人で移住しました。子どもは全員幼児で子育てにはてんやわんやです。現在は南箕輪村で2040年以降に予想されている人口減を防ぐミッションに携わっています。

    “南箕輪村の人口増についての考察4「大芝高原」” への1件の返信

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です