南箕輪村の人口増についての考察7「コンパクトシティ」

地図 人口増(村の紹介)

南箕輪村の人口増の理由について、考察していきます。

第7回のテーマは「コンパクトシティ」です。



南箕輪村の面積は40.99㎢で、長野県にある77市町村の中では71番目と、かなり小さな自治体となっています。

さらに、その約半分は飛び地になっていますので、人が住んでいるライフエリアだけを比較してみると、長野県で最も小さい小布施町と、ほぼどっこいどっこいの広さとなっています。

南箕輪村の飛び地(飛地)について考察
南箕輪村のオンリーワンの特徴として、東に人々が暮らす土地とそれとは別に西に飛地があります。驚くことに、人々が暮らしている方(19.2キロ平方メートル)より、飛地の方(21.7キロ平方メートル)がちょっと面積が大きくなっています。なお、南箕輪
地図
左が飛び地、右が人が住んでいるエリア

地図でみると飛び地の方が小さくなっていますが、これはデザイン上の話で、実際は飛び地が21.7㎢、ライフエリアが19.3㎢なので、飛び地の方が大きいです。

なお、こんなに大きな飛び地があることは、全国的にみて、とっても珍しい特徴です。

コンパクトシティ

移動も便利、管理も便利

ライフエリアの面積は19.3㎢で、縦横が4×5㎞と、非常にコンパクトになっているので、移動するにも便利だし、行政が管理するにも楽です。

例えば、長野県は保健師の活動が、全国に先駆けて盛んとなっていますが、村では移動時間が少なくて済むので、訪問事業等にプラスに働いています。

鳥獣被害が少ない

また、ライフエリアは、山に接していないので、鳥獣被害が少ないといった特徴があります。

私も移住4年目から、家庭菜園(にしては広い)を始めましたが、近隣の方からも、あまり鳥獣被害の話は聞きません。

除雪も早い

とある地主さんからこんなことを聞きました。

「俺は南箕輪村にも他の市にもたくさん土地を持っているけど、雪が降ったあとが全然違う。南箕輪は道路に雪が全くないのに、あっちは積もったままなんだよ。南箕輪は仕事が早い早い」

この地域は雪はあんまり降りませんが、それでも除雪が早いという、コンパクトシティのメリットが出た、分かりやすい事例だと思います。

買い物弱者対策にも有利

高齢化により、今後は車を持たない熟年者が増えてきます。

同時に、買い物弱者対策に取り組む必要がありますが、普通の田舎がまずは実施しなくてはならない小さな拠点づくりはすでに終わっていますので、有利な状況で実施することができます。

経ヶ岳

コンパクトシティの話からは離れますが、飛び地には日本200名山の1つ経ヶ岳があります。

経ヶ岳を登山していると、山にキノコや山菜を取りにいく人々とよくすれ違います。

また、大泉所ダムはカヌーやバーベキューができるエリアになっており、夏はバーベキューの人気スポットにもなっています。

大泉所ダム
飛び地の大泉所はダムになっていて、カヌーが出来ます。

バーティカルリミット

5月にはトレイルランニングの大会「バーティカルリミット」が経ヶ岳&大芝高原を舞台に行われています。(2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止)

大芝高原をスタート地点として、伊那市を経由して飛び地に向かい、急斜面となっている経ヶ岳を駆け上がり、駆け下り、大芝高原に戻ってくるという相当過酷なレースです。

実はこのレース、地元の中学生が、ずっと昔から実施していて、強く歩くと書く、強歩大会がベースになっています。

大芝高原まつり、イルミネーションフェスティバルト並び、南箕輪村の3大イベントの一つに数えられています。

おまけ:南箕輪村3大イベント

・バーティカルリミット(5月)
・大芝高原まつり(8月)
・イルミネーションフェスティバル(10月)

残念ながら2020年は全て中止が決定しています。

2018年10月29日 文責 藤城

2020年5月13日 追記 藤城

コメント

  1. […] 考察7の「コンパクトシティ」でも書きましたが、 […]

タイトルとURLをコピーしました