村が毎月発行する「広報みなみみのわ」には、暮らしに役立つお得な情報が掲載されていたり(しなかったり)します。

2018年12月に発行された

広報みなみみのわ540号のダイジェストをランキング形式

でお知らせします。

なお、ランキングは私の主観となっていますのでご了承ください。

第1位

年末年始の営業案内

地味ですが、第1位は年末年始の公共施設の営業案内です。

年末年始は時間があるので、図書館行こう!とか温泉に行こう!とかこども館に行こう!とか急に思い立つことがありますからね。

営業時間
大晦日の大芝の湯の営業は15時まで、元旦は13時から17時までですよ。

第2位

しめ縄作り講座

せっかく田舎に住んでいるんだから・・・都会から移住すると、しめ縄ってちょっと憧れますよね。

でも買うと意外と高いんですよねー。

そんなあなたにバッチリの講座がありました。

しめ縄づくり
元旦初走りもあります(笑)

なんと500円でオリジナルのしめ縄が作れちゃいます。

早速申し込んでみましたよ。

担当者情報では、毎年参加している方も多くて、段々と上手くなっているとのこと。

小学生以上ですが、幼児がいても大人を手伝う形であれば問題ないとのこと。

すでに10名弱の申込みがありましたのでお早めに。

第3位

特集:空き家という問題

今月号の特集は空き家についてでした。

広報みなみみのわ540号

新しく家を建てた方々にはあまり関心のないテーマだと思います。

ただ、もし家を出なくてはならない事情ができてしまったり、相続などで空き家を所有している場合には、

空き家に対して村の補助金がある

ということで紹介します。

改修補助金

空き家を改修した場合、その費用のうち最大50万円が補助されます。

補助率は50%なので、改修費用が例えば

・80万円の時、補助金は40万円

・50万円の時、補助金は25万円

・150万円の時、補助金は50万円

となります。

片づけ補助金

空き家の片づけを業者に依頼した場合、その処分費や清掃費のうち最大10万円が補助されます。

補助率は100%なので、片づけ費用が例えば

・8万円の時、補助金は8万円

・15万円の時、補助金は10万円

となります。

成約奨励金

空き家バンクに登録した物件の契約が決まった時に3万円の補助金がもらえます。

補助金一覧
広報みなみみのわ540号から引用

移住してきた立場だとあまり関係ありませんが、30年後には気になる問題になっていると思います。

第4位

村からの補助関係

住宅用新エネルギー施設設置補助金

住宅用新エネルギー施設

家に暖房施設を導入した時に村から補助金をもらうことができます。

これは寒い地域あるあるですね。

ペレットストーブやボイラーは最大10万円の補助金を受け取ることができます。

第5位

まっくんバス・伊那本線無料乗り放題

まっくんをこよなく愛する私ですが、まっくんバスとなるとあまり利用する機会がないので5位となりました。

12月27日のみバスが無料

となります。

ランキングとは別に

まっくん生活支え愛事業

熟年者世帯を助けてくれる方を募集していますので紹介します。

・ごみ出し、ごみの分別、買い物など
→30分300円

・雪かき
→30分800円

南箕輪村は長野県で一番高齢化率が低いですが、そうは言っても20%を軽く超えています。

雪かきなんかはダイエットにもいいと思うし、雪が少ない地域なので、降った時だけ頑張ってみるのもいいのかな?と思いました。

登録しようとおもいましたが、そうすると買い物なんかも状況によって対応しなくてはならいないので、幼児3人を抱える自分はちょっと難しいかな。

雪かきだけとか出来るといいのですが。

広報みなみみのわ540号のダイジェストは以上です。

2018年12月4日 文責 藤城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です