東京から移住して家族全員が喜んだこと。

それは色々な種類の温泉が豊富にあることです。

上伊那の毎日でも行きたい温泉を紹介していきます。

大芝の湯
南箕輪村2385-5
村からのルート:大芝高原内にあります。
入場料:大人500円、子ども200円、幼児無料
定休日:木曜日
駐車場:とっても広い

大芝の湯
画像引用:大芝の湯のサイトから

上伊那にある温泉の中では比較的大きな温泉です。イベントが豊富でミニ水族館が出来たり、地元バレーボールチームVC長野トライデンツの応援ブースが出来たりなど、温泉客を楽しませてくれます。

温泉は男女入れ替え制で、30人くらい入れる内湯を中心に、ひろーいサウナ、低温白濁風呂、露天風呂、ジェット風呂など

充実した風呂揃えになっています。

洗い場も30人分くらいあります。温泉の温度はちょうどいい感じでしょうか。

子どもがゆっくり入っていられる温度です。

食堂はとっても広いので座れなかったことはありません。床が暖かくなっており、冬場でもほっかほかで過ごせます。激辛やメガ盛祭りなど、イベントをたくさん実施しているほか、チャーハン半額などの割引も最近は始まって、

子連れに優しいメニューになってきました。

大芝の湯
大芝大好き3人組。唐揚げも大好き

なお、私のオススメは麻婆豆腐とカレーライスです。でも、アルコールの種類が少ないのがちょっとネックです。

おもてなしプリン
地元アイドル成美さんも絶賛のプリン

最近はおもてなしプリンの販売が始まりました。地元の牛乳を使ったとろ〜りプリンが250円で食べれますので、ぜひ1度食べてみてください。

毎月26日は風呂の日のサービスがあります。リピーターはここで回数券を買うとサービスチケットが付くのでお得です。

施設長の原さんはとっても明るい方なので、ぜひ話しかけてみてください。

トライデンツのプリン食レポ(インタビューしているのが原さんです)

2018年10月30日 文責 藤城

藤城栄文(Eibumi Fujishiro)

藤城栄文(エイブミ)です。東京で37年間過ごして、2017年2月に南箕輪村に家族5人で移住しました。子どもは全員幼児で子育てにはてんやわんやです。現在は南箕輪村で2040年以降に予想されている人口減を防ぐミッションに携わっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です