緊急値下げ!2020年は大芝の湯・大芝荘の温泉にお安くお入りいただく機会がドドっンと増えます。

ジョブ
いつもぽっかぽかですよ。

日帰り温泉の利用者数が半分程度に減少している対策として、温泉の利用料が緊急値下げされることになりました。

皆様もこの機会に大芝の湯&大芝荘の温泉に足をお戻しいただければ幸いです。

値引額

通常価格大人500円、小人300円でしたが、それぞれ200円引きとなり、大人300円、小人100円になります。

7月15日から12月28日までの期間限定値下げとなっています。

気を付ける点は、平日のみであること、夏休み期間中は対象外であること、この2点にご注意ください

7月15日〜
7月31日の平日
7月15日〜
7月31日の土日
8月1日〜
8月18日
8月19日〜
12月28日の平日
8月19日〜
12月28日の土日
大人300円500円500円300円500円
小人100円300円300円100円300円

回数券はどうなる?

500円の回数券を持っている方は、受付で提示すると差額の200円分のクーポン券をいただけるようです。

3,000円(300円×10枚)の回数券を販売すべきでは?

私は一律200円引きするのではなく、3,000円(300円×10枚)の回数券を発行すべきと提案しました。

この話が耳に届いたのが直前であったこともあり、そのようにはなりませんでしたが、下記が理由となります。

1 行く回数が増える

回数券が手元にあると、行こうかなと思うきっかけになります。期限も今年いっぱいですし、より効果が高いと感じます。

2 運転資金が集まる

回数券の売り上げが先行して入金されますので、運転資金の助けになります。

3 単発利用の人には通常料金

1年に1回程度しか利用しないような=安くなったから来たわけではい人に対しては、通常料金で利用料を集めることができます。

村の温泉施設は村の税金で賄われている部分も大きいです。

大芝の湯が200円割引きになるということをきっかけに、遠くから来るひとは、現状のコロナ禍の中では相当限られていると思います。

4 近隣自治体との差別化

隣の箕輪町では先行して、今回の取り組みが行われています。

周辺と同じことをするよりかは、何かしらアップグレードして実施したいところです。

5 工夫できる遊びができる

大芝の湯と言えば、おもてなしプリンに注目が集まっています。

最近では珈琲ゼリープリンや、経ヶ岳ブルー、ほうじ茶プリンなど、目移りするラインナップです。

ただ、如何せんちょっとお値段がはります。(300円台後半)

食べては見たいけど・・・みたいな感情を持った人は数多いでしょう。

そこで、3,000円(300円×10枚)の回数券1枚で、今回はプリンも買えちゃいますよ!みたいな工夫はいかがでしょうか。

そんな工夫できる遊びも生まれるんですよね。

2020年7月15日 文責 藤城

コメント

タイトルとURLをコピーしました