あのトンネルの開通はいつ?伊那バイパスは??南箕輪村周辺のバイパス状況についてお知らせします。

ジョブ

南箕輪村はムラらしい村ではなく、マチらしい村ですが、田舎ですので完全に車社会となっています。

電車も飯田線が単線で通っていますが、ほぼ乗客は学生となっています。

そんな訳で車社会においては、比較的流れがスムーズなバイパスは重要な生活路になっています。

さて、南箕輪村を通るバイパスは現在のところ「伊那バイパス」のみとなっていて、既に村内のバイパス工事は完了しています。

バイパスが通ることは旧道への影響など、メリット・デメリットが大きいですが、2027年のリニア開通に向けて、ここ上伊那では昨年度は巨大な橋を伴う伊南バイパスが完成するなど、積極的な設備投資が行われており、今後も引き続きバイパス整備が計画されています。

南箕輪村を通る伊那バイパス

ファミリーマートのある塩ノ井東交差点の少し北側から、天竜川を越える天龍橋西交差点までが、南箕輪村を通っている伊那バイパスとなります。

下の地図では、赤い太い線がバイパスで、青い太い線が昔からある道路です。

伊那バイパスの長さは全体で7,600mで、そのうち南箕輪村地籍の部分は960mほどの短い区間となっています。ちなみに、伊那市は5,470m、箕輪町は1,200mです。

感覚的には旧道と比較して、伊那バイパスは南箕輪村を避けて通る形となっております。

令和伊那トンネルは2019年7月完成

天竜川を渡って伊那市に入り、右手にツルヤ、左手にアルペンなどを過ぎた先で一旦バイパスは途切れていますが、その奥には既に大きなトンネルが目視で確認できる状況になっています。

2019年度も20億円近い予算が投入され、そのトンネル「令和伊那トンネル」の完成が7月に予定されたと聞いていました。

<追記:2020年2月21日>

申し訳ありません。完成はするけど、通れるとは言ってない。という案件でした。伊那バイパスが通れるようになるのはまだまだ先となります。

工事進捗 伊那建設事務所より引用

北側の箕輪町内の伊那バイパスは、4車線化の整備が引き続き全線にわたって実施されていきます。

バイパス全体像

バイパスの全体像を見ていきます。

上図は、先ほどの地図を右に90度回転した図で、左が南(駒ヶ根方面)、右が北(箕輪方面)になっています。

真ん中やや右の赤色の点線部分が、今回テーマとしている伊那バイパスの未完成エリアです。

距離にすると、7.6kmのうち4.2kmとなっており、令和伊那トンネルもここに含まれます。

青色は完成したバイパスで、緑色の伊駒アルプスロードはまだまだこれからの状況で、これが完成して初めてバイパス全体が完成したといえます。

そんな中、気になるところは伊那インターチェンジを下(東)に降りてきた先にある赤と黄の点線です。

赤は実施が確定しているバイパスとなりますが、黄色の点線は、緑より計画が進捗していないバイパスとなっているとのことで、実現されるかも不明な状況となっています。

黄色が一番進んでいないのはちょっとわかりにくいですねぇ。

本質的な話に戻ると、国道とバイパスが適度に繋がらないと不便ですし、高速道路へのアクセスが懸念点として上がってきます。

交通量の変化は?

下図は伊那バイパスではなく、「伊南バイパス」が、全面開通してからの、交通量の変化を表した図になっています。

この図から分かることは、バイパスが開通すると

  • トータルの交通量が増える
  • 旧道の交通量は6割減少する

ということです。

南箕輪村周辺の交通量の変化は?

南箕輪村周辺の交通量はどのように変化していくのでしょうか。

ちょっと見にくいですが、上図の

・・・・・/12hと記してあるのが、朝7時から夜7時までの交通量

・・・・・/日と記してあるのが、1日の交通量になっています。

これを見てみると、

南部保育園やドラッグストアーのサンロードの前の国道の交通量は

12,814台/12h

伊那市役所から国道に出たところの交通量は

13,760台/12h、17,900台/日

となっており、緑色の伊駒アルプスロードが完成すれば、これらの交通量は伊南バイパス同様、6割程度落ち込む可能性が高いです。

国道沿いには多くの商店が並んでおり、果たしてどうなのか。

2019年5月29日 文責 藤城

2020年2月21日 追記 藤城

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました