【驚きの結果】大寒波がきたので、緯度が高い北海道と、標高が高い南箕輪村のどっちが寒いのか調べてみたよ。

村の暮らし

いやぁ、しみる寒さですねー。

昨日は大芝高原の屋内運動場でスクールだったのですが、大寒波の襲来で動いていても寒くてたまりませんでした。

南箕輪村は最高に暮らしやすい村ですが、唯一の弱点がこの寒さであります。

これはもう諦めてもらうしかないほど寒いです。

正直に言います。超寒いです!!

さて、南箕輪村に移住して、最初は田畑地区、そして北殿地区、さらに南原地区に移り住んだ経験から、南箕輪村の中でも、やっぱり南原地区(西の方)は寒いなぁと、毎日肌で感じるところであります。

理由は、南原地区の中でも標高が850mもある高いエリアに住んでいるからで、役場周辺に雪が降っていなくても、自宅の周りは雪が積もっているなんてこともよくあります。

そんなわけで村の皆さんには「あそこは寒いでしょー」とか「春日街道より上は−1度、広域農道より上はさらに−1度寒いんだよー」とたびたび心配されています。

最近は北海道より寒いなんてことも言われ始めたので、流石にそれはないだろー、と受け流していましたが、せっかくなので調べてみたら、ちょっと驚きの結果がでたのでお知らせします。

どこと、なにを、比較したか

北海道といっても広いので、標高は低くて最もメジャーな都市である札幌市、それともう少し寒そうな石狩市をピックアップしてみました。

対して、こちらはいざ調べてみると、伊那市のしか気象庁データがたまっていないことが発覚したので、それと比較することにしました。ただ、それでは少し寂しいので南箕輪村も強引に比較データに入れました。

入れ方は、国際標準大気による定義では、標高が100メートル上がると気温は 0.6度下がるとされていることから、伊那市の標高が約650m、自宅が850mなので、伊那市より-1.2度で南箕輪村を計算することにいたしました。

なお、お分かりかと思いますが、正確には南箕輪村ではなく、南箕輪村にある自宅であること、事前にご了承ください。ペコリ。

最低気温の比較データ

気象庁によると直近10年間の最低気温の比較データは、下記のとおりとなっています。

ここで言う最低気温とは、その年に1回でも記録した最も低い温度のことを指します。

データ

南箕輪 伊那 札幌 石狩
2010 -10.4 -9.2 -12.6 -17.8
2011 -14.4 -13.2 -10.1 -17.1
2012 -14.9 -13.7 -13.5 -19.5
2013 -14 -12.8 -12.2 -18.6
2014 -12.4 -11.2 -14.3 -21.3
2015 -12.2 -11 -10.1 -16.3
2016 -15.7 -14.5 -10.9 -16.4
2017 -12.1 -10.9 -12.8 -19.1
2018 -11.9 -10.7 -12.7 -19.7
2019 -10.8 -9.6 -13.1 -17.4

数字だと、マイナスばかりでよく分かりませんねぇ。

グラフ

数字だとイマイチ伝わってこなかったので、グラフにしてみましたよ。

グラフにすると、分かりやすくなりましたね。

下にいくほど気温が低くなります。

まず、石狩(青:標高5m)が飛び抜けて寒いことはみてのとおりです。

ただ、札幌(紫:標高16m)と比較してみた場合はどうでしょうか。

札幌の方が寒かったり、南箕輪の方が寒かったり、年によって変わっています。

2010年、2014年、2017年、2018年、2019年の5年間は札幌の方が寒いですが、2011年、2012年、2013年、2015年、2016年の5年間は南箕輪の方がなんと寒いことが分かりました。(気温の比較で)

マジかー!

勝率で言えば五分五分の結果となり、正直これは驚きの結果でした。

本当に北海道(札幌)より寒い時がざらにあるんですねぇ・・・・。って言うか同じくらい寒いですねぇ。

しかも、2016年だけみてみれば、石狩にも追いつきそうな気温ですよ。

ウヘェ。

でも、移住にあたって正直に話せるデメリットが一つくらいある方が、嘘っぽくなくていいですよね!

2020年2月6日 文責 藤城

コメント

タイトルとURLをコピーしました