南箕輪村の人口増についての考察23「水が無くて開発が遅れた&不毛の大地を切り開いた先人たち」

人口増(村の紹介)

こんにちは。お久しぶりです。

人口増の考察は、約1年ぶりの更新となります。

本日の考察テーマ

「水が無くて開発が遅れた&不毛の大地を切り開いた先人たち」

です。ゆっくりとお付き合いいただければ幸いです。

水が無かったって本当?

伊那谷にある南箕輪村

水がない原因はその地形にありますので、まずはそこから解説していきます。

南箕輪村は伊那盆地がもっとも開けたところに位置しています。

南箕輪村誌
引用:南箕輪村誌(定価2,500円、在庫多数あり!)

ただ、地元では伊那盆地と呼ばれることはありません。

皆さん伊那谷(いなだに)と呼んでらっしゃいます。

なぜそう呼ばれているか、それは盆地というよりかは、と表現した方が適切な地形だからです。

客観的に見れば、東に北岳(3,193m:富士山の次に高い)や間ノ岳(3,189m:富士山の次の次に高い)などの南アルプス、西に中央アルプスに囲まれていますので、平坦な盆地というよりかは、谷みたいな地形になっているのは想像しやすいかと思います。

その恩恵と言うべきか、眺望は本当に最高で、日本一周された仁科勝介さんのサイトでも、印象深かったシーンとして紹介されています。

↓この写真素晴らしいので、ぜひタップ(クリック)して大画面で見てください。

https://katsuo247.jp/wp-content/uploads/2018/08/DSC_5082.jpg

画像: 1741市町村を原付で巡った話題のブログ きっかけは「日本を知らないから」
日本全国の全1741市町村を原付バイクで訪れ、それぞれの場所で写真を撮影したという仁科勝介(かつお)さんの旅の様子をまとめたWebサイト「ふるさとの手帳」が話題になっています。発端は、仁科さんの大学の先輩だというあずまさんがTwitterで言及したこと。「...

さて、水が無かった話に戻ります。

扇状地に開けた南箕輪村

南箕輪村は扇状地に開けた村です。

左が南、右が北になっています。

扇状地とは

学校授業の話に戻りますが、扇状地とはウィキによると・・・

山地を流れる河川が運搬した砂礫が、谷口を頂点として扇状に堆積した地形である。(中略)扇状地を形成している堆積物は大小さまざまな大きさの礫を多く含んでおり、大変水を通し易い。そのため、扇央部では河川の水のかなりの部分が地下へと浸透してしまい、地下水となる。この結果、扇央部にある地上の河川の流量は減り、場合によっては水を失い、地上の川が水無川となることもある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%87%E7%8A%B6%E5%9C%B0

扇状地では、水が地下に浸透してしまい、地表では水が無くなり、川が無くなってしまうこともあるそうで、大泉川が途中で途切れている話は地元では有名です。

最大600mの堆積

引用:南箕輪村自然環境調査報告書_南箕輪村の地形・地質

東西が逆なのでちょっと分かりづらいですが、この断面図の塗りつぶしてあるところが、元々の地面で、ロープのようにかかっているのが、今現在の地面となっています。

一番西側をみてみると、600mも水が浸透しやすい土壌があることになり、地表から水が無くなってしまうのがよく分かります。

なお、東側は堆積した土壌では無くなって行くので、そこから水が出てくるため、ワサビの栽培などが、行われております。

さらに、この堆積している土壌は御岳山の噴火による軽石層であり、その上に土石流が運搬された形で、むちゃくちゃ透水性が高いということも分かりました。あちゃー。

そう。この図から分かることは

  • 西側の地域ほど水が無い
  • 川から離れるほど水が無い

ということです。南箕輪村で一番人口増加率の高い南原地区は、村の南西に位置し、水量が比較的多い大泉川からも離れており(その大泉川でも途中で途切れていた)、その後の西天竜一貫水路の恩恵も受けれず、水が無くて開発が遅れた地域だったことが分かりました。

現在視点で振り返ると、

水が無くて住めなかったので、開発が遅れた。

水の問題が解決された昭和40年以降は、ロケーションが良く、また開発が遅れたことにより周辺と比較して土地の価格がリーズナブルだったため、人口が増えた。

そんな感じでしょうか。

ただ、ここには抜けている点があります。

それは水が無くて住めなかった地域が、どのように住める地域に変わっていったかということです。

それを解説していきます。

不毛の大地を切り開いた先人たち

木曽から水路を引いた(明治8年)

北沢川から水を引こうと交渉したが、小沢や山寺などの村々に水利権があって、難しかった。そこで、木曽の奈良井川支流の白川から権兵衛峠を越えて、北沢の支流に落とすことで、水量が増えるからもらうという奇抜な方法で水を得た。

木曽からの水路「木曽山井筋」は12Kmにもわたり、幾多の困難と犠牲の上に完成した。この水で22.5ヘクタールの水田を潤すことができた。この水路は為替水(かわせみず)とも呼ばれている。

考察)木曽としても稲作に適した環境である伊那谷側に水を提供することで、米の輸入に繋がると考えていたのでは?

横井戸を掘った

成功させるには相当の技術や資産が必要であったが、横井戸を掘って水を求めることもした。

横井戸で破産した人も結構いたとか。

西天竜一貫水路を整備した

伊那谷を南北に流れる天竜川には羨ましいくらいの水が流れているため、それを利用できないかと考えた。

多数の利権との調整や多額の費用、技術力など様々なハードルを乗り越えて、1928年に完成した。

現在も村のいたるところに見られる、水を均等に振り分ける「円筒分水」は写真スポットにもなっている。

井戸を掘った(南原地域)

西天竜一貫水路の恩恵を授かれず、南原地域は飲用の水も皆無で、本当に人が住めないところだった。

昭和22年に、1ヶ月かけて15間(27.3m)掘ったところ、地下水脈を掘り当て、飲用水を確保することができた。

昭和34年に、大型井戸設置のため掘ったが残念ながら水が出ず、失敗した。

昭和40-42年に、地下100mまで掘ったところ、水が溢れ出て見事に成功!完全な水道施設を作ることができた。

最後に

今回の考察については「南原の歴史と開拓(越後幸益)」を元に実施いたしました。貴重な資料をありがとうございました。

なお、内容について本当はもっと深い内容となりますが、人口増の考察とは直結しないので、ここでは簡略化して記載しています。

2020年1月22日 文責 藤城

コメント

タイトルとURLをコピーしました