前回大好評だった伊那谷プリンフェスが10月19日(土)に大芝高原味工房で盛大に開催されます。

2回目の開催となりますが、初回が相当盛況だったので、おもてなしプリンの販売が好調な波も受けて、さらに楽しみなイベントに回を追うごとに成長しそうで楽しみです。

成長ポイント1:プリンの種類が2倍以上に増加

初回は販売(試食)されるプリンは全部で5店舗5種類でしたが、今回は11店鋪11種類に2倍以上のプリンが会場を盛り上げる予定となっています。

参加プリン
A:元祖参加店舗
1.大芝高原(南箕輪村)「大芝高原おもてなしプリン」
2.菓子庵石川(伊那市)「伊那谷のたからものプリンたまご味」
3.菓匠Shimizu(伊那市)「なめらかみるくちぃずぷりん」
4.フランセ板屋(伊那市)「なめらかプリン」
5.すずらんハウス(駒ヶ根市)「牛乳屋のプリン」

B:新参加店舗
1.菓子司味香月堂(辰野町)「北大出産かぼちゃの美味ぷりん」
2.菓子庵金星(箕輪町)「金星抹茶ぷりん」
3.Cake&Gift(箕輪町)「天使のプリン」
4.Cakefactory yayori(宮田村)「たんぽぽ卵のフレッシュプリン」
5.たまごとミルクとりんごの樹(飯島町)「飯島たまごプリン」
6.あかいみ(中川村)「あかいみプリン」

成長ポイント2:おもてなしプリン大使は引き続き成美さん

前回と同様なので成長している訳ではないのですが、美しさが成長すると書く、成美さんが、おもてなしプリン大使として、イベントを引っ張ります。

成長ポイント3:予約限定販売:伊那谷ドリームプリンBOXは今回も売り切れ

予約限定販売品である伊那谷ドリームプリンBOXは今回もすでに売り切れです。

成長ポイント4:南みのわ農産物フェアも同時開催

今回は南みのわ農産物フェアと同時開催となっています。

そのため、おもてなしプリンの試食だけでなく、新米おにぎりや特製豚汁も13時から振舞われることになっていますよ!

成長ポイント5:おもてなしプリン製造工場が建設中

地方創世拠点整備交付金を受けて、おもてなしプリンの製造工場が大芝の湯の中に建設中となっています。

成長して欲しいポイント1:アホみたいに重いサイトは早く閉鎖せよ

大芝高原のサイト

みなさん上のサイトを開くのにすっごい時間かかりませんか?

現状、おもてなしプリンを紹介するサイトは上記のサイトとなっており成長して欲しいポイントとなっています。

成長して欲しいポイント2;おもてなしプリンの専用サイトを作っては?

おもてなしプリンを南箕輪村の一つの特産品とする流れは、専門の製造工場を設けることで決定的ですので、おもてなしプリンの専用サイトを工場と合わせて制作するタイミングであると思います。

もちろん、独自サーバー、独自ドメインで今の重いサイトとは切り離してもらいたいです。

おもてなしプリン大使の成美さんや、原料となっているおもてなし牛乳の美味しさ、これまで実施してきた様々なコラボレーションなども掲載されているといいですね。

空き瓶を使ったアート作品なども映えるのではないでしょうか。

ふるさと納税の返礼品としても検討されているようなので、そんなことも乗っけていって欲しいです。

なお、私は当日、南箕輪小学校で親子レクがあり、イベントに行けなくてとっても残念で無念であります・・・。

2019年10月17日 文責 藤城

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です