防犯パトロールを実施する上で、青色回転灯車防犯パトロール講習会に参加する必要があり参加してきました。

担当の警察官僚の方のお話が的を得ていて面白かったので紹介します。

刑法犯の認知件数

講習の前に長野県や上伊那の刑法犯の認知件数の現状周知がありました。

パトロールは犯罪を未然に防ぐために実施するので、現状把握は大事ですよね。

平成30年度(長野県内)

刑法犯認知件数:8,825件
→前年比 -700件ほど

なお、過去最高は平成13年の34,764件、比較して4分の1程度となっており、17年連続で減少している

平成30年度(伊那警察署管内)

刑法犯認知件数:314件
→前年比 -70件

平成31年度(長野県内)

4月末日現在で、2,664件となっており、前年比 -3件

平成31年度(伊那警察署管内)

4月末日現在で、106件 前年比 +14件と少し増えている

どんな犯罪が多いの?

器物損壊:24 自転車盗:15 万引き:13 詐欺:7(うち4件が特殊詐欺)

南箕輪村は?

15件で前年比 −3件

どんな犯罪?

自転車盗:4 器物損壊:2 特殊詐欺:2 傷害罪:1 空き巣:1 万引き:1

南箕輪村は刑法犯の認知件数は減少傾向ですが、伊那警察署管内では増加傾向ということで引き続き気をつけたいですね。

なぜ青色の回転灯なのか

話は変わって、なぜ回転灯が青色になったのかという話がありました。
起源は、イギリス北部のとある地域で、街灯を青くしたら劇的な効果があったことだとされていて、青色は波長が短いため電灯の光が最も遠くまで届くこと、そして青色には鎮静作用があることが理由だそうです。

青パトのメリット

  • 車両を活用することにより機動性が高まる
  • 視認性が高いので犯罪抑止効果
  • 地域住民に安心感
  • 天候、時間に左右されない
  • 危害が直接身に及ばない

青パトの好事例

1 兵庫県
中学校の敷地内、タバコやゴミが多かったが、青パト効果で無くなった!

2 大阪府
80歳代の女性から警察がお金を取りに来ると言われた現場に遭遇し防げた!

3 沖繩県
飲食店から飲酒した人が出てきたタイミングで飲酒運転を防いだ!

4 東京都
無人ATMで携帯電話で操作している現場に遭遇、還付金詐欺を未然に防いだ!

5 埼玉県
登下校時間帯、車両に乗っていた男にカメラを向けられていた、青パトで警戒中に発見、警察につなげることが出来た!

青パトがある地域の方が、ない地域より安全

統計的に、青パトがある地域の方が、ない地域より安全であるとのこと。

ただし、青パトは犯罪の抑止効果が大きい反面、緊急を要する事案に直面する可能性が高くなるので心構えは必要だが、積極的に危険なことをする必要はありません。安全第一でパトロールをお願いします。と締められました。

小さな犯罪が大きな犯罪につながりやすい

統計的に小さな犯罪が大きな犯罪につながりやすいが、南箕輪村は現状は問題ナイトのことです。

ライポくん安心メールに登録しよう!

ライポくん安心メールに登録すると、様々な情報が手に入りますよ

* 子供安全情報
18歳以下の子供に対する声かけ事案、性犯罪等の発生・検挙解決情報
* 女性安全情報
19歳以上の女性に対する声かけ事案、性犯罪等の発生・検挙解決情報
* 一般防犯情報
身近な犯罪、悪質商法、特殊詐欺の発生・検挙解決情報、重要または特異な事件情報、防犯パトロールに有益な情報

担当

伊那警察署生活安全課となっています。

2019年5月22日 文責 藤城

One Reply to “青色回転灯車防犯パトロール講習会で色々聞けました!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です