南箕輪村の人口増の理由について、考察していきます。

第22回のテーマは「社会増減と自然増減そして人口増減」です。



最初に謝っておきます。

この考察はちょっとややこしいことになっていて分かりにくいです。

ご勘弁ください。

 

2018年、南箕輪村は長野県で唯一「自然増」を記録した自治体となりました。

自然増とは
・出生数と死亡数のプラスの差

南箕輪村が唯一と言うことは、村以外の76自治体全てが「自然減」であったといえます。

自然減とは
・出生数と死亡数のマイナスの差

自然増の数は3人

平成に入った1989年から2017年までは、

平均して52人の自然増を記録

していた南箕輪村ですが、

2018年は

極端に減少して自然増の数は3人

となってしまいました。

2019年の速報でも

自然増の数は一桁

となっており、いつまで自然増を記録できるのか・・・

いよいよ怪しい感じとなっております。

突然ですが、宿題の答え


南箕輪村の人口増についての考察19「人口増の素地とV字回復」

宿題

・平成2年→平成7年の人口増加率向上の理由
・平成12年→平成17年の人口増加率低下の理由


実は、考察19で上記の2件を宿題としてペンディングしていました。

その答えの一端が、私の中で見えてきましたので解説していきます。

まずは、わかりやすく解説するために、平成に入ってからの南箕輪村の社会増減と自然増減そして人口増減を振り返っていきたいと思います。

社会増減と自然増減そして人口増減

平成2年→平成7年 社会増減


転入 転出 社会増減
H2 717 537 180
H3 911 299 612
H4 805 656 149
H5 795 727 68
H6 991 758 233

社会増減の特徴として、その数は年によって大きな隔たりがあります。

言い換えると、増えたり、減ったりの差が大きいんです。

ちなみに

社会増とは
・転入者と転出者のプラスの差

です。

まず、平成3年に記録した

社会増612人は現在に到るまでに記録した最多数

となっています。

転出が299人と、とっーても少なかったのが特徴です。

平成2年→平成7年 自然増減


出生 死亡 自然増減
H2 119 58 61
H3 103 67 36
H4 139 73 66
H5 124 78 46
H6 141 66 75

この5年間の特徴としては、出生数が死亡数の2倍前後だったということです。

平成2年→平成7年 人口増減

社会増減+自然増減=人口増減となります。


社会増減 自然増減 人口増減
H2 180 61 241
H3 612 36 648
H4 149 66 215
H5 68 46 114
H6 233 75 308
合計 1242 284 1526

社会増減と自然増減を足した人口増減は、

平成2年からの5年間は、1,526人のプラスとなっており、

考察19で用いた国勢調査の結果でも

12,133−10,666=1,467人

となっています。

59人の違いがありますが、大体同じくらいの人数になっており、

5年間で1,500人前後人口が増えたことになります。

国勢調査ではなく人口増減の値を用いると、

平成7年の人口は12,192人(国勢調査では12,133人)となります。

このあたりの数字は後半でまとめて、振り返っていきます。

国勢調査の結果

TOP5 H2の人口 H7の人口 人口増加率
南箕輪村 10666 12133 13.8%

平成7年→平成12年 社会増減


転入 転出 社会増減
H7 1,348 874 474
H8 1,204 1,115 89
H9 1,493 1,063 430
H10 1,448 1,331 117
H11 1,456 1,337 119

平成7年以降の特徴として、転入転出ともに4桁(=1,000人以上)を記録するようになります。

おそらく、地方への人口移動が増えてきたことによるもので、その原因としては下記が挙げられます。

平成7年(1995年)は地下鉄サリン事件や阪神・淡路大震災など、都市圏で国を揺るがす大きな事件が立て続けに起こりました。

ゆえに、1995年は地方から3大都市圏への人口移動の数字が減った珍しい期間として、人口移動マニアの中では有名です。(そんなマニアいるのかな・・・)

南箕輪村では南部小学校が平成8年に完成したので、それに関連した人口移動も少なからずあったと推測されます。

平成7年→平成12年 自然増減


出生 死亡 自然増減
H7 138 89 49
H8 140 71 69
H9 144 90 54
H10 153 72 81
H11 145 96 49

平成7年から5年間の自然増減については、前5年と比較すると出生数も増えていますが、死亡数も残念ながら増えたしまったというのが正解となります。

平成7年→平成12年 人口増減


社会増減 自然増減 人口増減
H7 474 49 523
H8 89 69 158
H9 430 54 484
H10 117 81 198
H11 119 49 168
合計 1229 302 1531

平成7年から5年間の社会増減と自然増減は、それぞれ前5年とほぼ同様の数字となりました。

人口増減は1531人のプラスとなっていますが、

国勢調査の結果は

13,404ー12,133=1,271人

となっており、

260人の差異

が生じています。

人口増減の値を信じて、引き続き用いた場合は、

人口は13,723人(国勢調査は13,404人)となります。

国勢調査の結果

TOP5 H7の人口 H12の人口 人口増加率
南箕輪村 12133 13404 10.5%

平成12年→平成17年 社会増減


転入 転出 社会増減
H12 1,617 1,373 244
H13 1,213 1,279 -66
H14 1,172 1,250 -78
H15 1,295 1,113 182
H16 1,279 1,198 81

南箕輪村に最も転入者が多かったのが

平成12年に記録した転入1,617人で、歴代最大数となっています。

また、同年に記録した転出1,373人も歴代の転出最大数となっていますよ。

なお、平成13・14年は平成に入ってから初めて社会減を記録しています。

平成12年→平成17年 自然増減


出生 死亡 自然増減
H12 157 74 83
H13 174 122 52
H14 150 110 40
H15 158 97 61
H16 145 89 56

死亡数について、非常に残念ながら、平成13年に初めて3桁(=100人)を記録しています。

暗い話になりますが、この頃から出生数の増加より死亡数の増加が徐々に顕著になっていきます。

平成12年→平成17年 人口増減


社会増減 自然増減 人口増減
H12 244 83 327
H13 -66 52 -14
H14 -78 40 -38
H15 182 61 243
H16 81 56 137
合計 363 292 655

平成13年になって、南箕輪村も初めて人口減を体感することになります。

加えて、今まで1,500人ペースで増えてきた人口も、

半分以下の600人台

に落ち込んでしまいました。

平成12年に子ども未来センターの建設が頓挫したり、

平成16年に平成の大合併の投票があったり

なんとなく嫌な雰囲気があったのかもしれません。

個人的には未来センターは建たなくてよかったと思っていますが・・・

子ども未来センターとは県の施設で、現在の大芝高原の芝生広場に立つ予定だった科学体験的な施設で、その内容は電通がプロデュースしたなんていうか・・・昭和な施設でした。

話を戻すと、国勢調査の結果は13,620ー13,404=216人となっており、人口増減の655人と439人もの差異があります。

人口増減の数字では、人口14,378人(国勢調査は13,620人)となります。

国勢調査の結果

TOP5 H12の人口 H17の人口 人口増加率
南箕輪村 13404 13620 1.6%

平成17年→平成22年 社会増減


転入 転出 社会増減
H17 1,142 1,244 -102
H18 1,205 1,114 91
H19 1,314 1,168 146
H20 1,233 1,102 131
H21 1,003 941 62

平成18年に木曽と伊那谷を結ぶ「権兵衛トンネル」が開通しました。

それにより、多少人口移動にプラスの効果が見られます。

しかし、平成20年のリーマンショックが影響し、日本国では人口移動の減少傾向が見られるようになります。

転出においては3桁(1,000人未満)に戻りました。

平成17年→平成22年 自然増減


出生 死亡 自然増減
H17 151 111 40
H18 154 101 53
H19 138 102 36
H20 142 112 30
H21 160 105 55

死亡数がコンスタントに増加しているのは変わらずで、自然増ではあるが、その増加数は減少傾向となります。

平成17年→平成22年 人口増減


社会増減 自然増減 人口増減
H17 -102 40 -62
H18 91 53 144
H19 146 36 182
H20 131 30 161
H21 62 55 117
合計 328 214 542

前5年は1,500人台から600人台まで増加数が一気に落ち込みましたが、600から500人台と、その減少幅は相当に狭まりました。

気になる数字としては、国勢調査では14,543ー13,620=923人となっていますが、人口増減を基準とした場合、今回初めてその差異がマイナスの方にぶれたことです。

その数、−381人となります。

人口増減を用いた人口は、14,920人(国勢調査は14,543)となっています。

国勢調査の結果

H17の人口 H22の人口 人口増加率
南箕輪村 13620 14543 6.8%

平成22年→平成27年 社会増減


転入 転出 社会増減
H22 726 851 -125
H23 852 717 135
H24 801 712 89
H25 794 699 95
H26 742 699 43

毎年、転出も転入も4桁を記録するのが通常だったのが、軒並み3桁(1,000人未満)となりました。

平成22年→平成27年 自然増減


出生 死亡 自然増減
H22 166 120 46
H23 154 122 32
H24 153 128 25
H25 158 94 64
H26 178 128 50

意外なことに平成26年の出生数178人が近年で最も多い数となっています。

「南箕輪村で赤ちゃんが最もたくさん生まれたのは平成26年と超最近なんだよ!」

みたいな〜口コミは、ドンドン広めていきたいですね!!!

平成22年→平成27年 人口増減


  社会増減 自然増減 人口増減
H22 -125 46 -79
H23 135 32 167
H24 89 25 114
H25 95 64 159
H26 43 50 93
合計 237 217 454

しれっというと、平成22年に記録した社会減125人が、近年で最も多い数となっています。

国勢調査では15,063ー14,543=520人プラスとなっていますが、人口増減では454人プラスなので、その差異は−66人となっています。

人口増減を用いると、

ここまでの人口は15,374人(国勢調査は15,063人)

となります。

国勢調査の結果

H22の人口 H27の人口 人口増加率
南箕輪村 14543 15063 3.6%

整理します。

公式データがあるのはここまでなので、一旦整理したいと思います。

まず、問題点として挙げられるのが、

人口増減の数字を用いると平成27年の人口が15,374人になってしまい、

実際の人口と311人もの差異が生じてしまいます。

ですので、かなり強引ですが、これを修正するために、

人口増減では平成2年の人口を10,666人から311人引いた

10,666ー311=10,355人

と仮定して、再計算してみようと思います。

再計算結果


現在の人口 5年後の人口 人口増加率
(人口増減)
増加数 人口増加率
(国勢調査)
H2 10,355 11,881 14.7% 1,526 13.8%
H7 11,881 13,412 12.9% 1,531 10.5%
H12 13,412 14,067 4.9% 655 1.6%
H17 14,067 14,609 3.9% 542 6.8%
H22 14,609 15,063 3.1% 454 3.6%
H27 15,063

人口増減のデータでは国勢調査と比較して、

人口増減率の変化がなだらかなグラフを描く

ことが分かりました。

結局宿題の答えは?

宿題を番号を付けて、再掲すると

(1)平成2年→平成7年の人口増加率向上の理由
(2)平成12年→平成17年の人口増加率低下の理由

となりますが、

(2)については、グラフが示すとおり人口増減の数を基準とした場合は、

人口増加率の極端な低下は見受けられず、

結局、その理由は、日本国全体の人口増加率の低下によるもの

としてもいいかもしれません。

また、(1)の極端な人口増加率の向上については、

平成3年のびっくりするぐらい転出者が少ないこと

が原因ではないかと考えています。

それが何でと言われれば

「これから調べます。」

ということで、今回は閉じたいと思います。

分かりにくい考察でございました(笑)

2019年1月28日 文責 藤城

藤城栄文(Eibumi Fujishiro)

藤城栄文(エイブミ)です。東京で37年間過ごして、2017年2月に南箕輪村に家族5人で移住しました。子どもは全員幼児で子育てにはてんやわんやです。現在は南箕輪村で2040年以降に予想されている人口減を防ぐミッションに携わっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です