南箕輪村の地理的な特徴として、国道をはさんだ東側が一段低くなっています。

そこは、伊那盆地の中では一番標高が低い地域となっていて、天竜川が流れており、JR飯田線も天竜川に沿うように走っています。

2018年7月豪雨

今から13年ほど前の平成18年(2006年)7月に集中豪雨が南信地域を襲いました。

区、自主防災会、消防団、赤十字奉仕団の活躍により土嚢が積まれました。

7月15日未明から断続的に降り続けた雨は総雨量500mmに達し、村にも被害がありました。

この平成18年7月の豪雨の話は、南箕輪村で近年あった中で恐らく

最も大きな自然災害

であったため、会話の話題によくあがるんですが、

移住してきたばかりの私にはちんぷんかんぷんでした。

そこで、災害は忘れた時にやってくるともいうので、備えもかねてちょっと調べてみました。

災害の経過

7月18日 下段地域に避難準備→避難勧告→避難指示 発令

7月19日 避難指示→避難勧告、その後避難勧告 解除

7月21日 斜面ひび割れにより、対象世帯に避難勧告→避難指示 発令

7月22日 避難指示解除

具体的な例としてはサブウェイより東側が侵入禁止にまでなっていたらしいです。

被害状況

具体的な被害は下記の通りです。

・床上浸水 1世帯

・床下浸水 2世帯+9事業所

被害額

・農畜水産物・農業用施設被害 312,000円

・商工関係 13,167,000円

・村道の復旧工事費 8,500,000円

南箕輪村では、死者等の発生はありませんでしたが、近隣の自治体では被害が大きかったところも多数ありました。

・岡谷市で土石流により男女8名死亡
・辰野町で土砂くずれで女性2人死亡
・辰野町で復興作業中、心不全で男性死亡

諏訪地方では、死者・行方不明者11名、床上浸水1,043棟と大災害となっています。

昭和36年の三六災害

もっとすごい災害が過去にはありました。

昭和36年の三六災害です。

昭和36年6月26日午前0時から30日午後2時まで500mmの豪雨が長野県南部を襲いました。

伊那谷全体で1万箇所以上で土砂崩れなどの災害が発生し、道路網が寸断、孤立する集落も多く生じました。

被害状況(南信)

・死者および行方不明者 136名

・浸水戸数 18,488戸

・被害総額 113,000,000,000円(1,130億円)

南箕輪村の被害

・家屋被害 2戸

平成18年7月豪雨の被害が北にある諏訪地方に集中していたのに対して、三六災害は南にある飯田地方に集中しました。

運よく南箕輪村の被害は両方とも比較的少ない結果となっています。

もっと過去の災害

過去の災害はざっくりまとめてみました。

・701年8月 高遠で洪水

・1624年4月 現在の中川村で大水害

・1696年6月 伊那谷に雪が降り!?ついで洪水

・1715年6月 未の満水(とんでもない大水害)

・1719年8月 伊那谷に大洪水

・1731年4月、8月、9月 亥の川欠け(伊那谷に洪水)

・1755年5月から8月 雨が続き洪水

・1838年4月 洪水

・1868年 辰の満水(伊那谷は5月に大満水、7月大洪水)

・1907年 8月 天竜川、小渋川が洪水

・1911年 8月 伊那谷で1日で221mmの洪水、死者9名

・1950年 6月14日より6日間連続降雨 洪水

・1953年 6月台風、7月大豪雨、9月台風、365日のうち180日が雨天に!

→堤防決壊、河川氾濫、田畑流出が多く発生

・1957年 6月大洪水

まとめ

連続して雨が降って、500mmを超えた時は気をつけた方がいいでしょう。

丸尾くん的な締めですいません。

2019年1月8日 文責 藤城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です