日照時間が多く、アルプスからの水がふんだんに供給されて、日較差が大きいためいい作物が育ちやすい環境の南箕輪村。

LINK:南箕輪村の人口増についての考察18「山麓の村人〜恵まれた日照と夜の涼しさ」

そんな村の特産品を食べたり飲んだりしてみていただけませんか?

ほら、ネットで「南箕輪村 特産品 取寄せ」で検索してみてください!

・・・・・

・・・・

・・・

・・

・・・・・・・・すいません。

出てきませんでした!

そんな訳で南箕輪村の特産品を取り寄せる方法について調べてみましたよ。

その1 信州大学ブランド特産品を取寄せよう!

日本の村で唯一村の中に国立大学(信州大学)がある南箕輪村!

LINK:南箕輪村の人口増についての考察2「信州大学農学部」

しかも学部が農学部なので、大学が学生と一緒に作った南箕輪村産の生産品を大学内の直売所で販売しています。

さらに全国どこからでも代引きで取寄せできることが分かりました。

最近は「山ぶどうワインの販売が12月12日に始まった」というお知らせがあり、せっかくなので、友人の誕生日プレゼント用にしようと思い、さっそく直売所に行ってきました。

そこに並んでいたのは南箕輪村自慢の特産品の数々です。

なお、営業時間は平日の8時45分から17時までとなっています。

生産品直売所

生産品直売所
ノボリが立っていますが、比較的地味なエントランス

入口にある駐車場に車を止めて、さっそく生産品直売所に入ってみると、12畳くらいのスペースに生産品が所狭しと並んでいます。

山ぶどうワイン 2,200円(720ml)

ワイン

ふじ100%りんごジュース 450円(1,000ml)/200円(250ml)

りんご

漬けもの 野沢菜漬 200円

野沢菜

漬けもの 大根 200円

大根

さといも(掘りたて?) 300円(1Kg)

さといも

ジャム3点セット 2,500円(山ぶどう、いちご、りんご)

ジャムのセット

農学部のおくりもの 1,300円

農学部のおくりもの

その他にも、もち米などが販売されていました。

色々な生産品が登場

時期によって色々な生産品が直売所には登場するとのこと。

今回紹介した生産品は12月のレパートリーとなっています。

その他の月はこんな感じになっていました。

【1月】
・お米
・りんごジュース

【2月】
・お米
・りんごジュース
・各種ジャム

【3月】
・ジャムの詰め合わせ
・りんごジュース
・りんごジャム

【4月】
・いちご
・アスパラガス
・しいたけ

【5月】
・たらの芽
・野菜苗
・アスパラガス
・いちご

【6月】
・いちご
・山ぶどうジュース
・アスパラガス

【7月】
・野菜苗
・ナイアガラワイン
・かぼちゃ
・とうもろこし
・トマト
・じゃがいも

【8月】
・野辺山の高原野菜(南牧村産)
・かぼちゃ
・とうもろこし
・トマト
・じゃがいも

【9月】
・ぶどう
・りんご

【10月】
・梨
・洋なし
・お米
・サツマイモ
・サトイモ
・りんご

【11月】
・りんご
・ネギ
・お米

特におすすめなのはアスパラガスとりんごです。

全国どこからでも購入できます。

さて本題、これらの商品は代金引換で全国どこからでも購入できます。

LINK:直売所のご案内・全国発送について(大学ホームページ)

是非是非、気になった方はリンク先から南箕輪村の自慢の生産品を注文してみてください。しかも信州大学ブランド付きですよ。

その2 ふるさと納税をして返礼品として取り寄せる!

ふるさと納税を活用して取り寄せる方法もあります。

南箕輪村はふるさと納税の事業者では比較的マイナーな

LINK:さとふる

に特化したふるさと納税事業を展開しています。

おすすめの返礼品

LINK:冷凍地元産フレッシュミルクたっぷりジェラート森のアイス16個セット

さとふるのカテゴリー別ランキングで1位をとったことがあるほど人気。

酪農が盛んな南箕輪村の牛乳も使われている自慢のスイーツです。

あと・・・

LINK:南箕輪村オリジナルまっくんボール1球

食べたり、飲んだりできませんが、こんなのもありますよ。

取寄せができる環境整備が必要だと感じました。

2018年12月18日 文責 藤城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です