南箕輪村の飛び地(飛地)について考察

地図 飛地

南箕輪村のオンリーワンの特徴として、

東に人々が暮らす土地

それとは別に

西に飛地があります。

驚くことに、飛地の方がちょっと面積が大きくなっています。

なお、南箕輪村と南箕輪村の飛地の間は、

現在伊那市となっていますが、

昭和29年(1954年)までは西箕輪村でした。

最近は人々が暮らす土地はライフエリア、飛び地をグリーンエリアなんて呼ぶ中学生も現れました。

飛び地がなぜ出来たのか?

さて、この飛び地はどのような経緯で出来たのでしょうか。

明治8年(1875年)に南箕輪村は久保村、大泉村、北殿村、南殿村、田畑村、神子柴村が合併して出来ました。

単純にその時、飛地が6村の入会地であったことが理由となります。

入会地とは

昔は現在と違って作物を育てるための肥料が絶対的に不足していました。

村人は肥料を集めるために慣習で定められた入会地に草を採りに行っていました。

肥料だけでなく、家を建てるための用材や屋根の萱(かや)なども調達されていました。

その他、枯れ木や枯れ枝などを燃料として集めていたり、牛や馬を放し飼いしたり、山菜や木ノ実など食物の調達も入会地で行っていました。

入会地は農業生産だけでなく、村人の消費生活全般に極めて深い繋がりがあったのです。

明治の大合併

明治22年(1889年)に明治の大合併がありましたが、南箕輪村は合併などには巻き込まれることなく、現在のままとなりました。

しかし、それとは別に

区域にある飛地は編入する

という県令が公布されました。

西箕輪村との争い

西箕輪村は県令の公布を受けて、

大泉所山と北沢山(現在の飛地)は飛地だから、

接している西箕輪村に編入すべき

という考えで、西箕輪村への飛び地の編入を試みました。

対して、南箕輪村は飛地と考えていなかったため、

そもそも県令に該当しないという姿勢でした。

その根拠としては同年に実施された「飛地取調」でも飛地として登録されていなかったことと、二間幅(3.6m幅)で南箕輪村とその飛地が実際には繋がっていることがあげられました。

真ん中のちょっと上らへんにご注目。繋がっていた? 南箕輪村村誌から引用

しかし、実際に繋がっている主張は残念ながら却下されてしまいました

とはいえ、大泉所山と北沢山を西箕輪村へ編入するという主張も、大泉所山および北沢山は西箕輪村に取り囲まれていないから飛地とは言えないということで却下されました

ゆえに、上記で争いは一旦決着となり、南箕輪村の飛地はもともと所有権があった南箕輪村の土地であるとして、現在に至っています。

入会地を巡る争い

昔は入会地がとっても大切だったことが、様々争いを通じても伝わってきます。

神様が山を登る事件

入会地の分割協定の拠点となる祠が150間ほど勝手に移動した!

これを神様が山を登ると納めております。

実際には入会地を増やすために誰かが山に入り移動させたと思われます。

気勢を上げろ!酒を飲め

入会地の境界線を決定するときに村人の半分が集まり、酒を飲み気勢をあげて、測量を出来ないようにした!

多数で取り囲んで追い帰す

入会地で薪などを積んだ7台の荷馬車を40人で取り囲み、積んだ荷を全て捨てさせ、入会地から追い出した。

植林は早い者勝ち

分割協議中は植林をしないという約束をしていたにも関わらず、西箕輪村が密かに植林を計画していたことから、南箕輪村は村人1000人を駆り出し、植林の前日に10万本の苗木を植林した。

ナドナド、こんな事件がたくさんあったようです。

まとめ

南箕輪村が西箕輪村と合併するという話が今まで出なかった理由は、

こういった過去の経緯があるのかもしれません。

また、

飛地が現在まで続いていた理由

にもなっていると考えます。

 

長文にお付き合いいただきありがとうございました。

 

道の駅大芝高原味工房で提供している

飛地カレー

もぜひご賞味ください。

2018年12月13日 文責 藤城

コメント

  1. […] 飛地については詳細はこちら […]

  2. […] 南箕輪村の飛び地(飛地)について考察 […]

タイトルとURLをコピーしました