VC長野トライデンツは南箕輪村に本拠地をおく、V1リーグに今年から参入した男子バレーボールチームです。

そもそも

legってなに?

そういえばリーグの仕組みを知らなかった!のでそこから調べてみましたよ。

リーグの仕組み

レギュラーラウンド

V1リーグに所属する10チームが3回戦総当たりで、1チーム27試合を行います。

現在は総当たりが1回戦終わった状態です。

1回戦=1legというらしいですよ。

ファイナル6

レギュラーラウンドの上位6チームによる総当たり戦を行います。

最上位となったチームがファイナルへの進出が確定します。

2位及び3位となったチームがファイナル3に進出(敗者復活戦)します。

ファイナル3

2回戦制で勝利したチームがファイナルに進出します。

ファイナル

事実上の決勝戦です。

2回戦制で勝利したチームが優勝となります。

ファイナルの試合数がもっとあるといいのにな、と思ってます。

VC長野トライデンツSTATS

さて、総当たり1回戦(=1leg)が終わったトライデンツのスタッツを確認して、総当たり2回戦目(=2leg)の応援に生かしていきたいと思います!

出場セット数

7 栗木勇 27
12 山本憲吾 27
13 椿芽久 26
14 矢貫龍馬 25
4 小林哲也 21
21 高澤和貴 21
8 田中挙章 20
23 キセレフアルテム 19
24 長田翼 18
17 松村文斗 13
16 森崎健史 8
15 小河原拓磨 5
18 大沢健太郎 5
1 市川智之 2
26 池田浩基 0

背番号7番栗木選手とリベロの12番山本選手が全セット出場しています。

栗木選手は女性ファンがとっーても多い選手で、アタック、サーブ、レシーブ全てに秀でたマルチプレーヤーで、しかもキャプテンです。

山本選手はチーム1のレシーバーです。

アタック

背番号 選手 打数 得点 失点 決定率
16 森崎健史 24 15 2 63%
8 田中挙章 54 29 2 54%
4 小林哲也 149 72 9 48%
14 矢貫龍馬 72 30 3 42%
23 キセレフアルテム 118 46 11 39%
21 高澤和貴 85 31 4 36%
17 松村文斗 47 17 6 36%
7 栗木勇 186 63 17 34%

小林選手は25日の試合は絶好調でした。

田中選手も後半調子をあげてきています。

若手の松村選手を個人的には追っています。

バックアタック

背番号 選手 打数 得点 失点 決定率
4 小林哲也 51 21 5 41%
23 キセレフアルテム 37 15 7 41%
7 栗木勇 24 4 3 17%

小林選手、アルテム選手の決定率が後半上がってきています。

2legは2人のバックアタックにも注目しましょう!

アタック(バックアタック含)ランキング(決定率)

順位 氏名 打数 得点 失点 決定率
1 ムセルスキー ドミトリー 369 224 30 61%
2 劉 力賓 202 121 12 60%
3 栗山 英之 82 48 8 59%
4 出耒田 敬 114 64 4 56%
5 エドガー トーマス 317 176 22 56%
6 大竹 壱青 189 103 13 55%
7 クビアク ミハウ 202 109 9 54%
8 栗山 雅史 166 87 7 52%
9 アウン トゥ 216 112 13 52%
10 勝 将哉 211 106 16 50%
11 西田 有志 243 121 19 50%
12 ブラトエフ ヴァレンティン 251 124 13 49%
13 小林 哲也 149 72 9 48%

打数もリーグTOPで、決定率もリーグTOPのムセルスキー ドミトリーってどんな化物なの?と思って調べてみたら、VC長野のアルテムと同じロシアからサントリーにやってきた

身長が218㎝もあるロシア代表の怪物

でした・・・。

VCでは小林選手がリーグ13位の位置につけていますよ。

ブロック

背番号 選手
14 矢貫龍馬 9
8 田中挙章 5
13 椿芽久 4
21 高澤和貴 4
23 キセレフアルテム 4
4 小林哲也 2
17 松村文斗 2

ブロックは矢貫選手がチームTOPです。

田中選手はアタックが好調なので、出場数を増えてくるとブロックの数も増えてくるのではと感じています。

ブロックランキング

順位 氏名 得点
1 白澤 健児 23
2 小野寺 太志 22
3 富松 崇彰 20
4 星谷 健太朗 18
5 ムセルスキー ドミトリー 17
5 劉 力賓 17
7 傳田 亮太 16
7 福山 汰一 16
9 近 裕崇 15
9 栗山 雅史 15
9 金丸 晃大 15
12 藤中 謙也 13
12 エドガー トーマス 13
12 山内 晶大 13
15 出耒田 敬 12
15 デロッコ ジェイソン 12
15 マーク エスぺホ 12
15 オムルチェン イゴール 12
19 大竹 壱青 11
19 西田 有志 11
19 クビアク ミハウ 11
22 ブラトエフ ヴァレンティン 10
22 アウン トゥ 10
22 手塚 大 10
25 大宅 真樹 9
25 深津 旭弘 9
25 高松 卓矢 9
25 山本 将平 9
25 高山 伸悟 9
25 矢貫 龍馬 9
25 星野 秀知 9

コメントが難しいくらい上にいっぱいいますね・・・

サーブ

背番号 選手 打数 効果 効果率
7 栗木勇 100 10 25 31 11.5
16 森崎健史 23 1 6 9 7.6
13 椿芽久 62 1 3 11 4.8
24 長田翼 25 1 2 2 4.0
8 田中挙章 66 1 6 11 3.4
21 高澤和貴 71 2 15 15 2.8
23 キセレフアルテム 39 2 12 8 2.6
14 矢貫龍馬 79 0 8 12 1.3
17 松村文斗 30 0 8 8 0.0
4 小林哲也 51 1 10 5 -0.5
15 小河原拓磨 6 0 2 0 -8.3
1 市川智之 4 0 2 0 -12.5

サーブは栗木選手が群を抜いてチームを引っ張っています。

あの身長でここまで効果率の高いサーブを打てるのは正直すごいですね。

関係ないですが、バレーボールはもう少し身長に影響が少ないルールにするべきじゃないかと思います。

サーブ効果率ランキング

順位 氏名 打数 得点 失点 効果 効果率
1 ムセルスキー ドミトリー 142 7 37 54 12.9
2 藤岡 諒馬 72 3 4 21 12.8
3 富松 崇彰 110 6 7 26 12.5
4 クビアク ミハウ 113 8 21 37 12.4
5 栗木 勇 100 6 25 31 11.5
6 ブラトエフ ヴァレンティン 130 10 40 27 11.3
7 劉 力賓 152 6 32 50 10.9
8 小野寺 太志 140 5 13 41 10.7
9 西田 有志 112 4 33 43 10.3
10 浅野 博亮 62 3 6 15 10.1

キマシターー

栗木選手TOP5です。

さてTOPは誰かな?

はい、ムセルスキー ドミトリー降臨

サーブレシーブ

背番号 選手 受数 成功率
12 山本憲吾 145 73 35 62.41
21 高澤和貴 163 85 32 61.96
7 栗木勇 153 58 50 54.25
17 松村文斗 50 16 14 46.00

VC長野のサーブレシーブはリーグTOPクラスです。

山本選手はリーグ11位、高澤選手が12位、栗木選手は20位につけています。

サーブレシーブランキング

順位 氏名 受数 成功・優 成功・良 失敗 成功率
1 井手 智 94 64 13 17 75
2 永野 健 112 67 25 20 71
3 興梠 亮 147 87 33 27 70.4
4 古賀 幸一郎 164 94 40 30 69.5
5 星野 秀知 97 56 17 24 66.5
6 鶴田 大樹 156 82 40 34 65.4
7 辻口 智也 138 73 34 31 65.2
8 渡辺 俊介 65 37 10 18 64.6
9 藤中 謙也 295 159 61 75 64.2
10 アウン トゥ 215 114 46 55 63.7
11 山本 憲吾 145 73 35 37 62.4
12 高澤 和貴 163 85 32 46 62

あと、VC長野トライデンツは熱いプレー+イケメンが多いとのことで、ちょっとずつ会場に来てくれる女性ファンが増えているとのこと。

トライデンツの語源はトライデントの

三叉槍

まだまだ3legのうちの1legが終わったばかり。

これからに期待ですね。

トライデンツ
これから期待されるVC長野の三叉槍(左から森崎選手、栗木選手、長田選手)

2018年11月29日 文責 藤城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です