11月26日は「イイフロの日」ということで、早速地元の大芝の湯に行ってきましたよ。

この日は東京に出張だったので、高速バスで帰ってきて伊那インター前で降りて、そのまま大芝の湯に直行しました。
(車で迎えに来てもらいました。)

大芝の湯では定休日が重ならない限り、

毎月26日=風呂の日

となっており、色々なイベントや特典があります。

ちなみに定休日は木曜日です。

お得な回数券

さて、入り口にある入場券を買う券売機からこの日は仕様が異なります。

通常11回の回数券は5,000円で販売されていますが、

風呂の日に回数券を買うと

さらに2枚の割引券がついてきます。

割引券は200円で入場することが出来る特別なチケットです。

この日は大人2人と幼児3人でお風呂に行きました。

5,000円で回数券を買ったのでこれで11回入れます。

さらに割引券をすぐに使って、この日は400円で2人(2回)が入ることができました。

5,400円で13回分の入場券が買えた計算になるので

1回:415円=17%OFF

となり、風呂の日を利用するとそれなりにお得な感じとなります。

冬の大芝の湯
冷え込む長野でここだけはいつもぽっかぽかですよ。

風呂の日特別メニュー

風呂の日は食堂で特別なメニューが展開されています。

500円で食べれるヒレカツ丼です。

このヒレカツ丼が曲者で、チケットを買う券売機のところではあまり主張してきません。

チケットを提示するカウンターのところに表示があります。

なので家族全員分のチケットをしっかり買ってしまった我が家には無縁の特典となりました。

次回以降気をつけます。

ちなみに風呂の日の特典は以上です。

もう1ポイントなんか欲しいですね(笑)

クリスマス仕様

クリスマス仕様
クリスマス仕様で子どもたちは大喜び

あと1ヶ月でクリスマスということで、装飾されたベンチやアーチがあって、子どもは大喜びでした。

こりゃあんだぁ〜祭り開催中

また、食堂では韓国風のメニューが食べられる「こりゃあんだぁ〜祭り」が開催されていました。

こりゃんだー祭り
激辛祭りから名前だけ変わったというのは内緒

・辛辛担々麺 900円
・ブッカルビ丼 850円
・韓国風餃子 400円

3種類の新メニューがお祭りで登場しています。

辛辛担々麺は辛さのレベルが1〜3まで選ぶことができます。

今回はせっかくなのでレベル3を頼んでみましたよ。

辛辛担々麺
レベル3の辛辛担々麺

のっている具材は基本的にはラーメン+お肉と行った感じ。

食べられない辛さではなく、レベル3でちょっと辛いかなといった程度

ブッカルビ丼も頼んでみました。

ブッカルビ丼
ビビンバではありません。ダッカルビ丼ではありません。

お楽しみスタンプカード

こりゃあんだ〜祭りではスタンプカードが配られています。

スタンプカード
あとスタンプ1つでコンプリート!回数券は綴りになってます。

このスタンプカード3種類の新メニューを全て注文すると、まっくんがお湯に入っているデザインのスタンプが押してもらえて、お楽しみ抽選会に挑戦できます。

PR:なお、このスタンプのデータを作ったのは私です。

なお、長男が通常運転で餃子ではなく、唐揚げ定食(700円)を注文したため、抽選会は次回のお楽しみとなりました。

唐揚げ
唐揚げ大好き小僧。ご飯は残します。

座布団置き場

食堂にある座布団置き場には、子どもたちに遊ばないようにという張り紙があります。

座布団置き場
子どもが楽しめる遊具:座布団マウンテン

子どもが楽しめる施設を創ろう!と考えても中々アイディアは出ませんが、この座布団置き場で楽しんでいる子どもを今までたくさん見てきました。

親たちも子どもたちが遊んでいるとゆっくりご飯が食べれるので、

座布団マウンテン

とか名前をつけちゃって、思い切って遊び場にしてしまってもいいのかな?

なんて思っています。

2018年11月27日 文責 藤城

 

藤城栄文(Eibumi Fujishiro)

藤城栄文(エイブミ)です。東京で37年間過ごして、2017年2月に南箕輪村に家族5人で移住しました。子どもは全員幼児で子育てにはてんやわんやです。現在は南箕輪村で2040年以降に予想されている人口減を防ぐミッションに携わっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です