南箕輪村の人口増の理由について、考察していきます。

第8回のテーマは「産業構造」です。



中央自動車道の伊那インターチェンジが1976年に完成したことを契機に、村は電子関係や精密機器関係、そしてIT関連企業の誘致に成功し、村内には企業工場が多数存在し、工業団地には大きな企業が入るようになりました。

第二次産業が盛んです

結果、若年層の特に

理系の学生向きの就労の場が十分に確保

されるようになりました。

産業別就業人口の推移
・1965年 第1次 1,990、第2次  732、第3次 754
・1970年 第1次 1,675、第2次 1,254、第3次 938
・1975年 第1次 1,064、第2次 1,486、第3次 1,329
・1980年 第1次  897、第2次 2,023、第3次 1,656
・1985年 第1次  826、第2次 2,447、第3次 1,964
・1990年 第1次  698、第2次 2,700、第3次 2,225
・1995年 第1次  716、第2次 3,130、第3次 2,974
・2000年 第1次  583、第2次 3,560、第3次 3,327
・2005年 第1次  645、第2次 3,085、第3次 3,582
・2010年 第1次  545、第2次 2,882、第3次 3,841
・2015年 第1次  509、第2次 2,863、第3次 4,093

サービス関連は少ない

村内には商店街がありません。

食堂やレストランの数も限られています。

しかしながら、人口は増え続けているため、

サービス業はさらに成長する可能性を秘めている

と感じています。

大型スーパー
インターチェンジ前には大型スーパーが並び、南原や沢尻地区の買物客で賑わっています。

農業にも明るい兆し

また、農業は減退傾向にありましたが、経営耕地面積は2015年には減少に歯止めがかかりました。

1995年 77,676
2000年 72,829
2005年 65,783
2010年 46,427
2015年 48,451

最近は村の特別栽培米のコシヒカリが

「風の村米だより」として現地呼称管理制度の認定を受け、

ふるさと納税ではすぐに在庫がなくなるほど人気を博すなど、ポジティブなニュースが農業関係でも増えてきました。

風の村米だより
オリジナル2合真空パックも販売されています。冷えてもうまい!

村のそば粉を活用したガレットも村の名産となりつつあります。

大芝高原味工房では神楽坂のガレットの名店ル・ブルターニュと提携が実現しました。

食べていただければ納得だと思いますが、上伊那の中では、味工房のガレットは上位に来ること間違いなしです。

2018年10月30日 文責 藤城

藤城栄文(Eibumi Fujishiro)

藤城栄文(エイブミ)です。東京で37年間過ごして、2017年2月に南箕輪村に家族5人で移住しました。子どもは全員幼児で子育てにはてんやわんやです。現在は南箕輪村で2040年以降に予想されている人口減を防ぐミッションに携わっています。

“南箕輪村の人口増についての考察8「産業構造」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です